新日本
Homeお仕事をお探しの皆様へ人材をお探しの企業の皆様へ会社概要
↓応募はこちらからスタッフ応募
新日本による6つの利益

株式会社新日本による6つのメリット

中小企業の抱える問題

中小企業の抱える問題


アウトソーシングによって解決できる問題

問題点
  • 求人がなかなかうまくいかない。
  • 専門知識を持った人を雇いたいが、それだけでは業務にアキが出てしまう。
  • 新入社員を教育する人がいない。社員がやめても引継ぎがいない。社員が突然辞めてしまった。

アウトソーシングによる効果
  • 外部資源の活用
  • 経費削減
  • 効率化
  • リスク回避

1.大幅なコストダウン

  • 人件費、労務経費の削減
  • 募集、採用の手間が不要
  • 固定費の変動費化
  • リーズナブルなレート
合理化の第一歩は人件費の見直しです。雇用問題は 組織の再構築によりかなりのコスト削減が期待されます。必要な時だけ外部に業務を任せることにより、過剰雇用を防ぎ、人件費の収益圧迫を回避します。固定費を変動費化することにより組織のスリム化に貢献します。業務請負は詳しい作業内容や勤務形態等を確認した上で、リーズナブルなレートで提供いたします。

2.経営資源の集中

  • 中核業務へ専念
  • 新規事業への進出
  • 国際競争力の強化
企業独自の専門性の強化や新技術導入への活力を高めることは、企業にとって生き残りの条件です。付帯業務のアウトソーシングにより、経営資源や競争力を伸ばし、新規分野への進出に迅速な対応ができるなど、将来性に対する効果も期待できます。

3.合理化と効率化

  • 業務のスピードアップ
  • 品質の保持
  • 生産設備の稼働率アップ
パイオニアとして培ってきたノウハウを駆使し、生産計画を強力にバックアップします。トップダウン、ボトムアップ両面にわたるダイレクトで無駄のない連絡管理体制を徹底しています。生産目標に対する進行管理と確認作業を常に行い、アウトソーシングが効果的に行われているかを評価します。

4.フレキシブルな業務に対応

  • 業務の繁閑による生産ラインの調整
  • 生産・物流面でも合理化
  • 変則勤務、夜間専従が可能
経営環境の激変により長期の生産計画を立てにくい現在、業務の拡大縮小に柔軟な対応が求められています。景気変動に対応できる組織構成を可能にするため、人員は状況に応じて即座に対応できるよう、全国規模で優秀な人材を確保しています。また、シフト制の重要な課題や夜間勤務の専従体制を整えます。

5.高い出勤率

  • 業務立ち上げ時のバックアップ
  • 働きやすい環境作り
    (従業員の厚生面のフォロー)
  • コミュニケーションの充実
最近の一例として某自動車メーカーが作成した資料において、当社派遣スタッフの出勤率が97%を超えたと報告されています。また、最近取り引きを開始した関西の某電池メーカーにおいても97%を超える安定した出勤率を記録しています。きめ細かな管理とフォローアップシステムが従業員を支えています。

6.強力な管理体制

  • 事前の安全衛生教育と日々の勤怠管理
  • 生産目標と品質に関する実績確認と処理
  • 熟練した管理者の登用
安定した業務提供をチェックするため、発生した問題を迅速に処理し、トラブルを事前に解決していく体制が基本です。入社時導入教育は貴社の教育方針に従い徹底を図ります。また熟練した管理者が実績確認と処理を行い、より高い生産性と付加価値の向上を図ります。

「新日本」が優れたアウトソーサーといわれる理由
  • 実績に培われたノウハウと業務設計能力
  • クライアントの経営戦略を理解し、アウトソーシングの目的を明確化する
  • 迅速な管理体制と意欲ある対応
  • クライアントの専門業務に対する機密保持の信頼性
  • 適材適所の総合人材マネジメント